看護部の取り組み

地域を見据えた看護の提供

平成28年に395床の一般急性期病棟から5月に地域連携室を立ち上げ、退院支援に力を入れました。8月からは地域包括ケア病棟(46床)を立ち上げ、10月からは認知症初期集中支援チームを立ち上げました。また、平成29年1月にはHCUを立ち上げました。どの取り組みも看護師が大きな要となり、看護師一人一人が生き生きと働いています。何事にも前向きに地域に頼られ愛される病院づくりを考えています。看護部は人材育成にも力を注いでいます。自分たちの後輩を育てる意識で、実習指導にも取り組んでいます。患者さん、学生さん、スタッフ、関わる人を大切にすることができる人になろうと研鑽しています。

page top