教育体制

教育理念『看護職者としての自律と成長をめざして学び続ける』 

教育目的

1)病院の理念・看護部の理念を理解し、人間としての尊厳を大切に、確かな知識と技術を備えた看護実践ができるよう、それぞれの成長段階に応じて教育的支援を行う。
2)地域住民の多様なニーズに応える安全・安心な看護を提供できる人材を育成する。

新卒看護師

~継続教育プログラム~

★新採用看護職員の教育★

さまざまな教育背景を持つ新人看護師が、組織に順応し臨床の現場で独り立ちするための教育はとても重要です。そのために、看護師としての適応を促し、自信を持って新しい役割を発揮できるように、また、リアリティショックを最低限にするように、プリセプター制度を導入しています。

新人看護師は採用後2週間の集合研修をはじめ、その後月1回の研修会を実施します。ローテーション研修(HCU・OP・他の病棟)や、リフレッシュ研修の機会もあります。臨床研修期間は1年間とし、配属後はプリセプター、教育担当者がOJTを中心とした教育指導を行っております。
※既卒採用者は、新採用者オリエンテーションの内容で選択し研修を受けることができます。

研修イメージ

★ジェネラリストを育成するための教育★

ワークライフバランスを考慮した研修・学習支援として実施しています
自己啓発のための研修・講習の受講については、可能な限り勤務表を配慮します!

研修中

★特定分野のスペシャリストを育成するための教育★

スペシャリスト育成推進:専門看護師、認定看護師、特定行為看護師などの研修・学習支援として実施
・ 認定教育:糖尿病看護/緩和ケア/感染管理/皮膚・排泄ケア/認知症看護/乳がん看護
研修参加期間の身分保証、受講料(入学金、授業料、実習費)の補助あり!

認定看護師

認定看護師

★管理者を育成するための教育★

看護管理者の育成:JCHO本部でのファーストレベルからサードレベルまでの一貫した教育への受講や、看護協会、看護大学等での管理者研修の受講を支援
研修参加期間の身分保証、受講料(入学金、授業料、実習費)の補助あり!

教育体制

page top